ダージリン急行 09.04.14up!

4月 14th, 2009 garou

ダージリン急行お花見のシーズンです。
お花見帰りのお客様も増えてきましたね。
暖かい季節突入で、
なんかお出掛けしたい気分になりますね。

昨年の10月から年末にかけては、
仙台・宮城ディスティネーションキャンペーン(DC)
というのが行われたようで、
多くの旅行者が、この地にもお見えになったようです。
当店でも、市や商工会議所さんに、かなりの広告媒体に掲載して頂きました。
…の割には、あまりその手のお客様はおみえになった様な、ならなかった様な(笑)。

そんな数少ないDC関連のお客様の中で印象的だったのはある老夫婦カップル。
「お父さん、明日はどこ行きましょうかね~?」
「どこでもお前が行きたいところでいいよ。」
…なんて、マップを広げながら、まさにゆったりとした旅を実践していらっしゃるようでした。
そんな旅も憧れますね。
目的もあまり持たずに、目的があったとしてもあまり意味ない様な、
フラフラと色々な所に旅出来るなんて贅沢ですね。
仕事とか家族を持っちゃうとゆったりとした旅もなかなか出来ないものです。
でもって、いざ家族と出発っ~!となっても、どっかで喧嘩したりして(笑)。

じゃーせめて、映画の中で旅を満喫しようと、借りてきたのが「ダージリン急行」。
先ほどの老夫婦と違って、こちら旅行はちょっとユルユルの旅ナリ。
監督は僕の好きな、ウェス・アンダーソン監督。
3兄弟でインドを旅するお話で、ジワジワと来るユーモアが好きです。
爆笑とかハチャメチャというのとは違うし不思議な映画ですね。
でもロードムービは、見終わった後すがすがしい感じになりますね。

ちなみに、本日僕の家族は「お父さん、仕事でしょ?」と言い残し、
現地調査との言い訳で、僕を置いてプチお花見に行った模様…。。。
写真は、昔の撮った写真デツ。
 

●G-WORDS 14
電車が迷子?レールの上を走っているのに?
   映画 『ダージリン急行』

幸せのレシピ 09.02.14up!

2月 14th, 2009 garou

幸せのレシピ13日の金曜日も無事過ぎ皆さんいかがお過ごしですか?
今日はバレンタインデーですね。
人それぞれ色々なドラマもあり、
今頃ドキドキしている人も居ることでしょう。
…僕ですか?
最近ドキドキするのは階段を登る時ぐらいですかね(笑)。
お店も今日はカップルで一杯になるといいですね~。
なぜか幸せを分けてもらえる感じがします。
美味しいデートにもご利用下さいね!

最近なかなかパソコンの前に座れなかったんです。ちょっと忙しかったんですね。
店的には忙しかった1月が終了し、マッタリ2月がやって来た訳なんですが、
どういう訳か、貧乏暇なし状態だったんですぅ~。
恐らく自分で余裕のある時間を作るのが下手なんでしょうね。
忙しければ暇を求め、暇ならば忙しさを求め…僕っていう人間は欲深い生きものです。
僕的には、まあ忙しく動いている方が幸せなんだと言うことでしょう。

そんな事を考えていたら、去年見た映画を思い出しました。
バレンタインデーのカップルにも、忙しかった人にも、おすすめの一作です。
話の展開も何となく読める所が○。やっぱりハッピーエンドでしょ!元気になります!

レストランが舞台の映画なんですが、料理の美味しそうなこと!コックコートのビシッと決っていること!
日本が誇るレストラン劇「渡る世間は鬼ばかり」の幸楽の厨房とはまた一味違いますな。
主演女優はキャサリン・ゼタ=ジョーンズ…調べたら僕のひとつ下…39歳…もうすぐ40歳。
お綺麗です…まだまだいけます。映画のキャッチコピーもまたグッときます。
「一生懸命もいいけど、ちょっとのさじ加減で違う何かが見つかるかも。」
ただ、頑張っているだけじゃ駄目なんだぞ!っていう事でしょうか?ねっグッと来るでしょ(笑)?

この映画、ドイツの「マーサの幸せレシピ」のリメイクなんだそうです。
もっともっと良い映画の予感です。今度は是非こちらも見てみなければ!

G-WORDS 9
「この仕事は私の人生すべてなのよ!」
「いや、違う。キミの人生の一部だよ!」
   映画 『幸せのレシピ』

「幸せのレシピ」で色々と検索していたら、「細木数子先生」が検索に大量に引っかかってちょっと笑った。
恐るべし幸せのレシピ。

写真は、この間、お知り合いに急遽頼まれて作ったお弁当~!
…こんな事も時々してるんです。多角化経営(笑)。

ぼくの大切なともだち 09.01.28up!

1月 28th, 2009 garou

ぼくの大切なともだち寒い日々が続いておりまね~。
風邪引いてませんか?インフルエンザ流行りだしました。
皆さん
大丈夫ですか?…そうですか!大丈夫ですか!
もしお元気でしたら是非ガロオーで旨いお食事とお酒をどうぞ~(笑)。

店には色々な方がお見えになります。オープンスペースですから当然です。
お1人で見えられる方。カップルで来られる方。
会社関係のお仲間で来られる方。お友達と来られる方。
1人であれ、2人であれ、時間を過ごす形は様々です。

実は…僕はあまり1人ではご飯やお酒を飲みに行けないタイプです。
行ってもラーメン店とか回転寿司とか…そんな程度です。
1人で行く事自体に対して寂しい感じはまったくないんだけれど、
楽しそうに過ごしている周りを見て、1人でいる自分の状況が、そこに居られなくなる程、
いたたまれない感じになっちゃうんですね。考えすぎなんですけれど(笑)。
だから特に夜の時間はお一人様が出来ないんです。
分かります~?微妙なニュアンスです(笑)。

じゃー40の男が家族以外の仲間に突然連絡して、
夜の最中にどこかにご飯を食べに行きたいと考えた時、
誰が来てくれるかな~なんて考えたら、泥沼にはまってしまいました。
もうこの年では、みんな家族持ちだし、夜のディナータイムをとっくに過ぎた時間、
来てくれる仲間ってかなり居なくなっている。。。暇な時間がポカッと年に数回空く時があります。
そんな時は異常な位、大量のビデオをまとめて見たくなります。

さっきの思いを抱いたまま、借りたビデオがこれです。パトリス・ルコント監督大好きです。
何の解決にもなっていませんが、映画好きとしてはお奨めです!
ではまた!

●G-WORDS 8
証拠などない、愛があるだけ
   映画 『ぼくの大切なともだち』

↑写真は友達繋がりで、今年お正月の同級会のお写真。
面白い映画でした。当店で良い時間を過ごしてくださいね。←強引?(笑)
…なんて事を言いながら、お一人様もちろん大歓迎です。
1人でお酒とお食事、羨ましいです…そんな店は最高です(笑)。
でも悲しいかな僕は今現在、個人的に未だに1人で行けるお店を持っていません。。。